.

契約店で全てのクレカが決済可能なわけではありません。

▽クレカ会社の加入店舗は大抵、ときには5を超えるクレカのブランドと契約しているわけですが不便ですが全ての商店であらゆる運営会社のクレジットカードが切れるのではありません。

つまり昔からあるお店の場合にはJCBロゴの付いたそのクレカしか使用不可な場合もあるしこの頃の契約店の場合だとVISAとかマスターカードのブランドの入っているやつしか決済不可なときもあります。

ダイナースクラブカードみたいなカードなら、よけいに使用できないお店が増えるんじゃないでしょうか。

どの所有クレジットカードが使えるかいかにして判断するといいのか「ならばどのような方法で何のロゴの所有クレジットカードが切れるかを見分けるといいか?」といってみてもちゃんと知るんだったら該当店舗の人に問い合わせてみる以外ないというのが残念ながら正解。

だが大抵の店やホテルには店舗の入口のところに切れるクレカ会社のロゴがプリントされている認証マークが貼られているから、「へーこのショップはMasterCardが決済できるのね」という感じで一目でわかるようになっているため心配しないようにしていただきたい。

とはいっても、しっかり加入管理が行き届いていない加入店で使うときにはロゴシールが貼り付けられている店舗でも「今は○○カードは決済いただけません」などという答えをされるなんてこともないといえなくもなく、とまどってしまうこともなくもないですね。

やはり可能な限りはより多くの加入店で有効であるようにしたいならばもう一つのグループ(国外ブランド)がプリントされている一般的なVASA、MasterCard、ダイナーズアメックス、ライフカード、などのカードを2枚以上使えるようにしておくようにしたほうがいいでしょう(例として:セゾンカードを持っているならもう一枚はアメリカンエキスプレスカード付きのカードを財布に入れておくほか)。

特に日本では、VISA、MasterCard、JCBカードの3つのマークが書かれているクレカをいつも使えるようにしておけば、間違いなく99%以上の加入店でなにがしかのクレカを使うよう準備できていることになります。

クレジットカードを使って効率よくポイント取得を続けるつもりならば確実に少なくともこの3枚のクレジットカードを財布に忍ばせておいていただくようお勧めします。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.greenlytstudio.com All Rights Reserved.